« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年10月18日 (木)

由木西レンジャー

由木西小全校授業(毎月のレンジャー活動)では、グループごとに5月に選んだ樹木の経過観察とスケッチを行いました。前半は観察、後半はシェアといういつもの流れです。

今回は帝京大学の大学生約20名も実習で参加し、賑やかに行われました。個人的にはネジキを選んだグループがイチオシですが、ホオノキ、ヒサカキ、コナラなどバラエティに富んだラインナップとなっています。

前回と比べて最も著しく変化のあったグループは、5ヶ所も枝折れしてしまったコナラです。こうした予期せぬ出来事もリアルな学びがあり、かえって良かったと思います。

台風後ということで、樹林内では枝折れ等の危険個所に近付かないよう、各教員が立ち、また活動前に下見を行うなど、安全対策を万全にして実施しました。

2018年10月10日 (水)

多摩の里山学

今年度も首都大(来年度より改名)で多摩の里山学の90分講義を担当しました。

内容は昨年度とほぼ同様で、多摩ニュータウン計画の特徴と生き物目線で見た現在のニュータウンのみどりについてをスライドで話しました。

冒頭、2枚のスナップ写真を使った参加型の講義を行いました。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年12月 »