« 花王国際こども環境絵画コンテスト入賞作品展 明日の地球をかんがえよう | トップページ | 長池かいぼり始まります »

2019年9月21日 (土)

日野の自然を守る会と歩く「大塚探検ウォーキング」

コース:大塚宮田公園ー大塚八幡神社ー大塚八幡山公園ー大塚ぼうげ公園・陽光台緑地ー小塚なかおね公園ー帝京大博物館当日は雨が心配されましたが朝方には上がり、観察会中は雨は降らず過ごしやすい陽気でした。大栗川沿いから八幡神社、丘陵部へと昇るアップダウンの多いコースでしたが、道すがら地域の歴史や動植物を観察しました。
前回とは少しコースを変え、旧野猿街道から沢沿いの狭~い道を通り、大塚1号ちびっこ公園のある通りから大塚八幡山公園へと上がりました。近所の人しか知らないような道なので、より探検感が出たのではと思います。
なかお 公園脇の湧き水では首尾よくサワガニを捕まえ観察し、最後に帝京大博物館へ向かいました。博物館では床に張られた多摩地区の航空写真を見ながら、各々住んでいる場所や今までの観察会の場所を探したりしていました。また、設置されている大型電子モニターで、今回行けなかったゆざわの土砂崩れ現場や清鏡寺のことも解説しました(グーグルマップ、大塚村古地図、名所の写真などが見られるので便利ですね)。初めてこの辺りに来たという人がほとんどで(一人大塚在住の方も)、知らない場所だったので面白かったと満足いただけました。
ただ一つ残念だったのは、みんなで帝京大の食堂でお昼ご飯を食べようとしたのですが休みだったことです・・・
ソラティオスクエア6階の食堂は3方がガラス張りで、とても眺めが良いのでお勧めです。

Image-3 Image-4 201909213_aol

« 花王国際こども環境絵画コンテスト入賞作品展 明日の地球をかんがえよう | トップページ | 長池かいぼり始まります »