« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月25日 (金)

子ども達と一緒に里山活動(*^▽^*)「自然観察&昆虫食❗️」

9/14に行われた長池里山クラブ(長池公園で活動するボランティアグループ)の定例活動のレポです。

木の上にいるあなたは、シュレーゲル🐸
お腹がカマキリの顔!(◎_◎;) そこのあなたは、オオトリノフンダマシ!
また、午後からは昆虫食の第一人者、内山さんをお招きして昆虫を調理して食べました。
将来予想される食糧危機の解決手段として昆虫食が注目されています。「安全で安く、栄養価も高い」といわれ、国連も「未来食」として推奨してはいるけれど、日本ではまだまだ口にするのに抵抗を覚える人が多い。でも、うちの里山キッズも保護者も抵抗感が全くなかったです。おじいちゃん世代は懐かしんで食べている人もおられました。“昔の話を聞きながら子ども達が食べる”というほっこりな里山時間でもありました。

[本日のSATOYAMA昆虫メニュー]
・採れたてイナゴの天ぷら(パリパリして美味)
・アブラゼミの成虫唐揚げ(鶏肉がエビの殻で覆われている味。これが一番美味だった)
・アブラゼミの幼虫の素揚げ(ナッツのお味)
・ハチの子のバター醤油炒め(クリーミーでココナッツのような味)
・イナゴの佃煮(お馴染みで美味しい)
・クロスズメの子の佃煮(美味)

(記:高澤)

70290813_708632706228199_429193452080804 70442775_708631432894993_162569525239427 70961054_708631602894976_360397530080896

2019年10月22日 (火)

渡り鳥に思いを馳せて

  繁殖シーズンを終えた夏の渡り鳥が、続々と旅立っていきます。
公園をはじめとする街の小さなみどりは、渡り鳥の大切な休憩場所になっています。
ひとたび海に出てしまえば、彼らの休める場所はほとんどありません。
この小さなオアシスで、熟したてのサンショウの実や樹冠を飛ぶ小さな虫を食べて
体力を付けると同時に、しっかりと羽を休め、旅の準備を整えているのでしょう。

先日、長池公園自然館の職員用玄関の前でツツドリが亡くなっていました。
ツツドリは、毎年10月頃になると、公園の桜に付く毛虫を食べに立ち寄っていく渡り鳥。
不運にも、旅の途中で窓ガラスにぶつかってしまったようです。
今回のような事故のほか、衰弱、暴風雨、外敵の存在など、長距離の移動には多くのリスクが伴います。
そうした数々の苦難を乗り越え、決死の思いで渡りを行っていることを思うと、心から応援したくなりますね。

ところで、ガラスへの野鳥の衝突事故を少しでも減らすためにできる対策があります。
ガラスにシールを貼っておくことで、野鳥はガラスの存在を認識しやすくなり、衝突の危険を予防できるのです。
実際、自然館の各所に衝突防止のシールを貼っていますが、以前と比べて衝突事故件数が大幅に減りました。
今回の事故を受け、職員用玄関のガラスにも、パークキッズレンジャーの子どもたちが素敵なシールを貼ってくれました。
材料は、印刷でいつもお世話になっている看板屋さんからいただいたカッティングシートの端材です。
思い思いのシルエットを描き、丁寧に切り取りながら、彼らはどんなことを想ったでしょうか。
大切な野生の生き物のために、私たちができること。子どもたちと一緒に考え、形にしていきたいと思います。

(記:小林)

 

73067047_624376268390945_448616069864410  75354927_624376205057618_641285033433864 73295852_624376195057619_150906257220304

2019年10月21日 (月)

令和元年度 利用者満足度調査結果

令和元年度第2四半期に実施しました利用者満足度調査の結果をご報告いたします。

アンケート調査にご協力いただいた皆様には大変感謝申し上げます。

今後とも安全安心な管理運営を心掛けてまいります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

PDF版

令和元年度利用者満足度調査結果.pdf

PowerPoint版

令和元年度利用者満足度調査結果.pptx

 

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »