« 渡り鳥に思いを馳せて | トップページ | みどりのあそび市 »

2019年10月25日 (金)

子ども達と一緒に里山活動(*^▽^*)「自然観察&昆虫食❗️」

9/14に行われた長池里山クラブ(長池公園で活動するボランティアグループ)の定例活動のレポです。

木の上にいるあなたは、シュレーゲル🐸
お腹がカマキリの顔!(◎_◎;) そこのあなたは、オオトリノフンダマシ!
また、午後からは昆虫食の第一人者、内山さんをお招きして昆虫を調理して食べました。
将来予想される食糧危機の解決手段として昆虫食が注目されています。「安全で安く、栄養価も高い」といわれ、国連も「未来食」として推奨してはいるけれど、日本ではまだまだ口にするのに抵抗を覚える人が多い。でも、うちの里山キッズも保護者も抵抗感が全くなかったです。おじいちゃん世代は懐かしんで食べている人もおられました。“昔の話を聞きながら子ども達が食べる”というほっこりな里山時間でもありました。

[本日のSATOYAMA昆虫メニュー]
・採れたてイナゴの天ぷら(パリパリして美味)
・アブラゼミの成虫唐揚げ(鶏肉がエビの殻で覆われている味。これが一番美味だった)
・アブラゼミの幼虫の素揚げ(ナッツのお味)
・ハチの子のバター醤油炒め(クリーミーでココナッツのような味)
・イナゴの佃煮(お馴染みで美味しい)
・クロスズメの子の佃煮(美味)

(記:高澤)

70290813_708632706228199_429193452080804 70442775_708631432894993_162569525239427 70961054_708631602894976_360397530080896

« 渡り鳥に思いを馳せて | トップページ | みどりのあそび市 »

公園スタッフブログ」カテゴリの記事