« 「ママ・パパ府中まちカツ入門」の講師をしました | トップページ | しごとバー府中に行きます! »

2019年7月10日 (水)

子どもたちの成長に寄り添う喜び

7/8~10の三日間、近隣の別所中学校へ通う2年生5人が職場体験にやってきました。
毎日、意欲的に公園の仕事に取り組んでくれた5人には、ある共通点がありました。
それは同じ小学校の出身であること、そして今から4年前、当時小学4年生の彼ら全員が、...
私たちNPOスタッフで講師サポートを続けてきた総合学習「野鳥観察」の授業を経験していたことです。

この授業では例年、講義や観察だけでなく、授業のまとめとして様々な作品づくりを行ってきました。
彼ら5人が授業を受けた年度は、公園の壁一面に野鳥の絵を描く“ウォールペイント”という取り組みを実施しました。
落書きが絶えなかった公園の擁壁を、小学生、障がい者福祉団体、公園管理者の三者が協力して生まれ変わらせたのです。

今回、実習先に私たちの職場を希望したきっかけも、その当時の体験が印象深かったからだと教えてくれました。
そこで、実習の最後は全員でウォールペイントを見に行き、記念写真を撮りました。
恥ずかしがりつつも、当時を振り返りながら自身の描いた作品を一人ずつ紹介してくれました。

あどけなかった彼らも中学生として立派に成長し、こうして私たちと一緒に仕事ができるまでになりました。
何より、今も変わらずに身近な自然や生き物に対する関心を持ち続けていてくれることに驚かされます。
私たちが地道に続けてきた地域への環境教育は、決して一過性のものではなく、
しっかりと一人一人の成長の中に根付いていることを実感した嬉しい出来事でした。

67634695_563561654472407_558062599754534  67219363_563561677805738_221279398155989

« 「ママ・パパ府中まちカツ入門」の講師をしました | トップページ | しごとバー府中に行きます! »