昨年の暮れから観察されているルリビタキ(雄)です。田んぼ脇水路の周辺を縄張りにしており、無事に冬を越しました。渡りの日も近いでしょう。