園内に2株しかない大形のイワデンダ科のシダです。胞子を付けない栄養葉は冬の時期枯れてまったく失われていますが、胞子葉だけが、このように水鳥の足をさかさまにしたような姿をしています。