イモムシの親分のような雄花序がいまにも花粉をまき散らそうとぶら下がっています。なかなか存在感があります。