江東区の夢の島で最初に発見されたことからその名が付けられた、外来種のユメノシマガヤツリ。東由木地区公園では、堀之内東山にしきの森緑地の外縁部で唯一見つかっていましたが、今年は堀之内東山もりみの公園の芝生にも姿を現しました。背丈は大きいもので1.5mほどにもなります。この芝生には、本種のほかにもクサネム、タチスズメノヒエ、アレチハナガサ、ミコシガヤなど、他ではあまり見られない植物が複数生えています。