早春に小さな白い花を咲かせていたセンボンヤリ(ムラサキタンポポ)が閉鎖花を付けていました。本種は、秋になると、写真のように決して開くことなく自花受粉して結実する閉鎖花が見られる特徴があります。閉鎖花は地際から花茎が長く伸びるため、この独特な姿から「千本槍」の名が付きました。大塚東公園のトイレと階段の間の斜面に点々と生えています。