雑木林の尾根筋などで見かけるツツジ科の低木、ネジキに果実ができていました。その名のとおり、樹皮が少しずつねじれているのが特徴です。釣鐘型の花は下向きに咲きますが、果実はくるりと上を向いて付く姿が何ともユーモラスです。