言わずと知れた有名な薬草。おなかをこわしたときに煎じて飲めばピタリと直る、「現の証拠」からついた名前です。紅紫色の系統があり、自然館周囲にも植栽されています。