クマノミズキの実は、花がら(正確には果梗)ごと地面に落下してしまいます。大風や台風などのあとに、地面いっぱいに落ちていて、まるで陸のサンゴのよう。海底を歩いているような気分にさせられます。