古くはカミエビの名で呼ばれ、丈夫な茎はリースづくりの名わき役として知られています。花はとても小さく、じっくり見たことがありませんでしが、よく見てみると、先が2つに分かれた花弁6枚の背後に同じ色の幅広のがく片が3枚重なって、何やら複雑です。