大塚東公園の林縁には、ムラサキシキブと似て全体に毛深いヤブムラサキが何本も自生しています。写真の葉っぱに見られる、穴あけパンチを押した痕のような虫食いは、ハキリバチの仲間が切り取った痕です。ハキリバチは、切り取った葉の欠片を巣に持ち帰って集め、平積みにしていき、そこに卵を産む習性があります。それにしても、とても器用ですね。