秋になると、北海道や本州の高標高地から続々と渡ってくる鳥たちのことを、漂鳥といいます。
彼らは、海を越えることなく、国内で渡りをしているのです。
ルリビタキ、ビンズイ、キクイタダキ、トラツグミなども漂鳥として、冬鳥よりも一足早く長池公園へやってきます。