東山地区で爆発的に増えている外来種、ヨシススキ。その名のとおり、ヨシとススキのどっちつかずのような見た目をした大型のイネ科植物です。サトウキビと近縁で、姿もよく似ているのですが、本種はとにかくその大きさに圧倒されます。まだ日本ではマイナーな植物ですが、今後、どんどん広まっていきそうな予感がしています。