河川敷や造成地など、乾いた砂質の草原などに生えるキク科植物、ノニガナです。以前から自然館屋上の草屋根に生育していましたが、そこから種が飛んだのでしょうか、自然館中庭でも見られるようになりました。