ウドの大木と言いますが、大きくのびた茎に、ヤツデを小形にしたような花が藪陰で咲いていました。