果実は腺毛を持ち、ひっつきむしとなりますが、軟毛に覆われ、なかなかしとやかな野草です。同じキク科でオナモミに対比して付けられた名だと思います。すぐ近くにほとんど無毛でひょりょひょろとしたコメナモミも生えています。