« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ネイチャークラフト平成27年度のプログラム

公園ネイチャークラフト


里山には、自然の恵みを生かす知恵と技がいっぱいです。長池公園を散策しながら、材料を集め、草木染など、自然素材を利用したものづくりを楽しみましょう。

Img_0771


年間予定
                                 
7/19 藍の生葉染
10/18 コセンダングサ草木染
12/6 ミニ門松作り
13:00 受付
13:30~15:30

※要予約

2016年3月20日 (日)

私たちのまち八王子写真展 

早いもので、3月も下旬にさしかかろうとしています。

この八王子でも色々な世代のみなさまが卒業を迎えられたことと思います。

さて、展示会のお知らせです。

「私たちのまち八王子」写真展を開催中です。

八王子のまちなみ・しぜん・ふれあいをテーマとしたコンテストから、抜粋したいくつかの作品を展示。

散歩の際には、いつもの八王子とはまた違った顔が見られるかもしれません。

(現在の写真展は3月31日まで)

Img_3410
   Img_3415_2

2016年3月13日 (日)

家主はだれ?

長池公園では四季を通して色んな鳥が見られます。

夕日展望台へ向かう道すがら、こんな巣を見つけました。

Img_3270_3

いったい住んでいたのはどんな鳥でしょう?

ヒント①  2つに見える巣は、実は一つの巣

ヒント②  スズメの仲間で、尾っぽが長いのが特徴的

ヒント③  地ぃ踏んだぁ(ぢぃふんだぁ)と聞こえるかも?

正解は・・・エナガでした

1015

エナガの巣はコケで作られ、タマゴのような形をしています。

中に敷き詰められた羽毛はハト、コジュケイやトラツグミの羽で、親鳥はヒナを育てるためにふかふかの寝床をこしらえます。

春の公園は思わぬ落とし物に出会える季節かもしれません🐦

2016年3月12日 (土)

春を告げるキブシ

「春に三日の晴れなし」の言葉通り、肌寒い日が続いています。

あたたかな日和が待ち遠しい気持ちですが、

長池公園の植物はしっかりと春の季節を告げています。

自然館の図書コーナー、今回はキブシにスポットをあてた写真を展示しています。

キブシは、漢字で書くと「黄藤(藤のような花房)」や「木五倍子」など、名前の由来には諸説あるようです。

キブシの花が見ごろを迎え、たくさんのチョウやアブが、花の蜜を求めてやってくることでしょう。

春はもうすぐこそこですね。Img_3265

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »