« 春を告げるキブシ | トップページ | 私たちのまち八王子写真展  »

2016年3月13日 (日)

家主はだれ?

長池公園では四季を通して色んな鳥が見られます。

夕日展望台へ向かう道すがら、こんな巣を見つけました。

Img_3270_3

いったい住んでいたのはどんな鳥でしょう?

ヒント①  2つに見える巣は、実は一つの巣

ヒント②  スズメの仲間で、尾っぽが長いのが特徴的

ヒント③  地ぃ踏んだぁ(ぢぃふんだぁ)と聞こえるかも?

正解は・・・エナガでした

1015

エナガの巣はコケで作られ、タマゴのような形をしています。

中に敷き詰められた羽毛はハト、コジュケイやトラツグミの羽で、親鳥はヒナを育てるためにふかふかの寝床をこしらえます。

春の公園は思わぬ落とし物に出会える季節かもしれません🐦

« 春を告げるキブシ | トップページ | 私たちのまち八王子写真展  »

自然館日誌」カテゴリの記事