« スキャナーで撮った身近な植物の写真展 | トップページ | 高橋修・写真展 小人になって花探検Ⅱ »

2016年12月18日 (日)

鳴らしてみよう 竹と木の楽器

自然館には公園内で発生した木材でつくった木琴があります。
他にも、世界各国でつくられた竹や木の楽器がいくつか。
竹は、今でも世界中で楽器として活用されています。鳴らして遊んでみてくださいね♬
 
Img_4507リンディック(インドネシアの竹琴)
Img_4505 ムビラ(シンバブエの親指ピアノ)
Img_4509_3アンクルン(インドネシアの楽器)
Img_4506_4レインスティック(チリの民族楽器)
     乾燥して中空になったサボテンの枯れた茎に、
     内向きにたくさんのトゲが打ち込まれ、中に小石が入っています。
     楽器を傾けると、サボテンの内部で小石がトゲにあたりながらゆっくりと移動し、
     音が鳴ります。現地では雨乞いの儀式に使われたんだとか。
 

« スキャナーで撮った身近な植物の写真展 | トップページ | 高橋修・写真展 小人になって花探検Ⅱ »

自然館日誌」カテゴリの記事