« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月26日 (土)

公園ネイチャークラフト 公園の植物で草木染を作ろう!イベントレポート

10/20(日)長池公園

参加者 11名 (講師2名)

被染物:シルクスカーフ・キャンバストートバッグ

媒染材:ミョウバン

つくり方

  1. ネット袋に入れて濾し、染液を40℃まで冷ます。
  2. あらかじめ水に浸けておいた被染物を絞り染液に入れて煮る。
  3. 被染物を取り出し媒染液に浸ける。
  4. 取り出した被染物は媒染の種類ごとに染液に戻し常温になるまで浸け置く。
  5. 最後に水洗いし完成。

はじめにコブナグサについて内野園長の解説を読み、コブナグサ草木染めの歴史に触れてもらいました。

使う材料は、472長池公園で刈り取られたコブナグサの葉・茎・穂・根です。

媒染材はミョウバンを使用しトートバッグが濃い黄色に染まりました。

対してシルクスカーフは淡い黄色に染まり、想定外の結果となりました。

里山の景色の中での作業は、気持ちもゆったりとしてよかったという声を頂きました。

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

20191020_11141220191021_072850

2019年10月11日 (金)

藍の生葉染 スカーフとエコバッグを作ろう

201908042_20191011173301

2019年10月 6日 (日)

不快動物のふか~い観察会

「不快動物のふか~い観察会」を実施しました。講師はおなじみ皆越先生、前半は観察、後半はスライド上映を予定していましたが、予想以上に外での観察が大盛り上がりとなったため、少し外のパートを延長しましたポスターに使ったシママルトビムシをはじめ、トビイロケアリの巣に居候するアミメアブ幼虫など、思いがけず珍しい出会いもあり、子どもも大人も満足していただけたのではないかと思います。
【主な観察記録】※メモをとっていなかったので記憶にある生物のみ
シママルトビムシ
アカイボトビムシの一種
トビムシの一種
アリスアブ(幼虫)
ヤマトシロアリ
トビイロケアリ
ヒゲジロハサミムシ
ワラジムシ
オカダンゴムシ
オカトビムシ
ジムカデの一種
ミドリババヤスデ
マクラギヤスデ
ヤスデの一種
フトミミズ
フトスジミミズ
ヒトツモンミミズ
ヘンイセイミミズ
ヒメミミズ
ニッポンマイマイ
キセルガイの一種
カブトムシ(幼虫)
キマワリ(幼虫)
コメツキムシの一種(幼虫)
ルリテントウダマシ
ゴミムシの一種
ヒシバッタ
ハラオカメコオロギ
モリチャバネゴキブリ
コカマキリ
オオカマキリ
キイロスズメバチ
キンバエ
クモの一種
以上 (編集済み) 

2019年10月 1日 (火)

長池かいぼり始まります

A3

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »